OSSAN358’s ブログ

OSSANの日々の雑記ブログです

時事刻々

【時事速報】国土交通省が土地や建物に不動産IDを!社会の基盤に!?

国土交通省 不動産・建設経済局が、土地や建物に共通の17桁の識別番号を付ける「不動産ID」の活用策を探る官民連携プラットフォームを今春にも立ち上げることがわかりました。 同局は昨年3月に付番のルールを定めているらしく、「不動産や物流、保険な…

【速報】建築主事任用へ受検資格見直し!実務経験なしでも可能に。

国は、地方自治体で建築確認の事務などを行う建築主事の任用に必要な「建築基準適合判定資格者検定」の受検資格を見直す検討に入りました。 実務経験に関する要件をなくす方向です。

【速報】ひさしの建ぺい率を緩和=物流倉庫!来年4月から―国土交通省

国土交通省は、物流倉庫などを対象にひさし部分の建ぺい率制限を緩和すると発表しました。 物流倉庫の増加に伴い、大型のひさしを設けるニーズが業界団体から寄せられたことを踏まえたものらしいです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); …

ついに我が家も!新型コロナウイルス感染。無症状の発見と自宅療養の記録・・・。

四人家族の我が家(自分、妻、長女、次女)。 なんとか持ちこたえてきた我が家にもついに新型コロナの魔の手が押し寄せてきました。 幸いにして感染者の次女は「無症状」ですみましたが、その時どのように対応して自宅療養期間を過ごしたか記録してみました…

【トピック:盛土規制法案の概要がみえてきた】危険な盛土等を全国一律の基準で規制するため、宅地造成等規制法が改正が進んでいます!|令和4年3月1日閣議決定

このブログは、まちづくりや都市計画、不動産の取引や投資に関して役立つ情報をつぶやくOSSAN(オッサン)のブログです。良かったらブックマークを活用いただき、業務や調べごとの時に活用してくれると励みになります。 この記事では、令和4年3月1日…

【重要事項説明】道路に関する事項は『都市計画道路』だけでは、ありません。『道路法』で説明する内容を分かりやすく解説!

こんにちは、OSSANです。 このブログでは、宅地建物の取引において必ず実施しなければならないとする重要事項説明について、解説しています。 今回は、これまた勘違いの多い「道路法」について分かりやすく解説しています。

【重要事項説明】公拡法に関する手続きの解説|これって重説必要?公拡法による届出と申出とは?

不動産取引の際に、公拡法の届出さえすれば重要事項の説明は必要ないと勘違いされている方がいます。そうではありません。その効力は届出の要件から対象外にならない限り続くのです。 ここでは、公拡法(公有地の拡大の推進に関する法律または公有地拡大推進…

【重要事項説明】水害ハザードエリアが追加!もう知らいないとはいえません。令和2年8月28日施行

宅建業法施行規則第16条4の3(法第35条第1項第14号イの国土交通省令・内閣府及び同号ロの国土交通省令で定める事項)に新たに「3の2」が追加されました。 これにより、物件の位置が洪水ハザードエリアの中であれば重要事項説明が必要です。 法が施行さ…

【重要事項説明】近年、特に注意が必要!重要事項説明で説明しなければならない『土砂災害特別警戒区域』について。

近年、災害の激甚化・頻発下に伴い災害リスクについて重要事項説明における取り扱いが注目されています。 令和2年8月には法改正により水災害のリスクについても、明記することが追加されました。 更には、熱海の土砂災害により、傾斜地に住む人たちについ…

【徹底検証】立地適正化計画の居住誘導区域から外れたら土地の評価(価額)はどうなる?|よくある質問。

人口が減少する中で、各都市が策定している立地適正化計画。 一定の都市機能を維持すため、人口や都市機能を維持集約するための実行計画として取り組みを進められている。 この記事では、立地適正化計画において定めることとなっている「居住誘導区域」につ…

【徹底検証】こうゆう不動産業者はあぶない!新築プラン売りは宅建業法違反では!?新築・投資などの際にだまされないには。

みなさまこんにちは!OSSANです。 農地転用による開発などでも建売が必然でなくなったなかで、エンドユーザ―獲得も含め、最近増えてきた住宅販売のやり方があります。 個人的には、疑問点も多いのでみなさん注意しましょう。

【徹底検証】段階的にマイナポイント「最大2万円」|付与の条件をわかりやすく解説!

自民党と公明党はマイナンバーカードの保有者に「最大で2万円」のポイントを付与する方針で合意しました。 すべての国民が対象となりますが、受け取るにはどのような条件があるのでしょうか。 その内容についてわかりやすく解説します。 国民にポイントでマ…

【知識があれば大丈夫!】自分で土地の災害リスクはこれから自分自身でを調べる時代|これができなければ不動産業者にだまされるかも!?

これまでの記事でも、災害リスクが不動産の価値や生活にどれだけ重要か説明してきました。 関連記事>> 【OSSAN’s知恵袋】不動産業の方は水災害のリスクを重要事項で説明義務化!|今さら聞けないその調べ方について。 - OSSAN358’s ブログ でも、自分自身…

【OSSAN’s知恵袋】不動産業の方は水災害のリスクを重要事項で説明義務化!|今さら聞けないその調べ方について。

令和2年8月より、宅地建物取引業法施行規則の一部改正され、新たに水害リスク情報の重要事項説明への追加がされました。 しかしながら、義務化された理由や調べ方が分からない不動産関係の方が多いようです。 説明が義務化されたから、とりあえず調べてな…

【OSSAN’s知恵袋】不動産業者や宅建士、投資家のみなさん!中古だけでなく新築マンションも認定制度に。|これについてわかりやすく解説したよ。

マンションの適切な管理を促し、修繕費用の積み立てや管理組合活動を計画通りに実施するための「マンション管理適正化法」の改正案と、老朽化マンションの建替えを促進するための「マンション建替え円滑化法」を改正する法律案が、2020年2月28日に閣議決定さ…

【検証】マイナンバーカードを知って!かしこく使おう|マイナンバーの可能性!?(最新情報)

新型コロナ感染が小康状態になり、緊急事態宣言も解除! 経済の回復のために、いろんな対策や給付策がこれから増えていくのは必須。 そんな中でマイナンバーカードの活用がまたまた注目されそうです。 以前の給付金の時に、カードを持っていればとジレンマに…

【検証】みんなが期待!GOTOトラベル復活!|時期は内容は!?(最新情報)

新型コロナ感染が小康状態になり、緊急事態宣言も解除! これまでみんなが我慢していた気持ちが一気に解放されつつありますが、また感染が爆発するのも怖い。 そんな中でいろんな意見がでてきています。 こんにちは、OSSANです。 特にGOTOトラベルはみんなが…

【検証】和歌山市の水道橋崩落!人災か不可抗力か分析!|これってこれからどこでも起こり得る可能性が!?

高度成長期に整備されたインフラの老朽化が課題になっています。 こんにちは、OSSANです。 ここでは、社会インフラの老朽化問題と和歌山の水道橋崩落を検証してみたいと思います。

【OSSAN’s知恵袋】家や土地の購入を考えている方必見!空き家・空地問題って結構身近な問題ですよ!|あなたの家は大丈夫!?

空き家空き地問題って何? 国で「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されたことにより、空き家が社会問題となっています。 OSSANです。 空き家問題とは一体何なのだろう? 空家があるとどのような問題が生じるのだろう? 空き家対策特別措置法とは…

【OSSAN’s知恵袋】家の購入を考えている方必見!これからは自己防衛も大事|水害に強い家づくり情報【最新版】

近年、災害が頻発化・激甚化するなかで、特に水害被害が以前よりも話題にのぼるようになった。 これから家を建てるなら自己防衛の意味も含め、水害リスクをきちんと確認して検討したいものです。 ではどうやったら水害に強い家をつくれるのでしょうか? こん…

【OSSAN’s知恵袋】不動産業者や宅建士からよく聞かれる公共事業の用地補償って正直どうなの?|いろんな内容についてわかりやすく解説したよ。パート③質問編

都市計画道路や都市計画施設をつくる場合には、必要な土地を買収などによって準備する必要があります。 関連する記事はコチラ↓↓ 【OSSAN’s知恵袋】不動産業者や宅建士からよく聞かれる公共事業の用地補償って正直どうなの?|いろんな内容についてわかりやす…

【OSSAN’s知恵袋】不動産業者や宅建士からよく聞かれる公共事業の用地補償って正直どうなの?|いろんな内容についてわかりやすく解説したよ。パート②詳細編

都市計画道路や都市計画施設をつくる場合には、必要な土地を買収などによって準備する必要があります。 関連する記事はコチラ↓↓ 【OSSAN’s知恵袋】不動産業者や宅建士からよく聞かれる公共事業の用地補償って正直どうなの?|いろんな内容についてわかりやす…

【OSSAN’s知恵袋】不動産業者や宅建士からよく聞かれる公共事業の用地補償って正直どうなの?|いろんな内容についてわかりやすく解説したよ。パート①

都市計画道路や都市計画施設をつくる場合には、必要な土地を買収などによって準備する必要があります。 関連する記事はコチラ↓↓ 【OSSAN’s知恵袋】不動産業者や宅建士からよく聞かれる公共事業の用地補償って正直どうなの?|いろんな内容についてわかりやす…

【OSSAN’s知恵袋】不動産業者や宅建士、投資家のみなさんにわかっておいて欲しい。地域地区の『生産緑地地区』って節税とか結構使い勝手よくない!?わかりやすく説明します!

こんにちはOSSANです。 以前からある土地利用の手法ですが、少子高齢化が進展する中で、国が活用を推奨している『生産緑地地区』について解説します。 自治体によりますが場合によっては、大きな節税効果がある可能性もあります。 生産緑地は、生産緑地法で…

【コロナ影響が長期化】商業地のマイナス拡大=全用途平均で基準地価2年連続下落。わかりやすく分析してみた。

OSSANです 。 国土交通省が21日に、2021年の基準地価(7月1日時点)を公表しました。 基準地価といえば公示地価とならぶ経済の状況を示す重要な目安になります。 それでは、簡単に傾向だけでも公表内容をみて分析してみましょう。 【全国平均】 【商…

【アベノミクスは失敗!?】格差置き去り=立民の検証内容をわかりやすく検証!!

立憲民主党が、安倍晋三前首相の経済政策「アベノミクス」の検証報告を公表しました。 内容を確認すると分析としては、納得すべき個所が多かったので、その内容をみなさんにわかりやすく検証します。 検証だけでなく国民が賛同するような解決策もほしいとこ…

【自民総裁選】ロックダウンで温度差=4候補、GoTo再開に前向き。4候補のロックダウン、「Go To」キャンペーン、新型コロナ対策の考え方をわかりやすく整理してみた!

OSSANNです。 ニュースやワイドショーでは、実質の次期総理大臣を決定する、自民党総裁選の話題ばかりです。 票読みばかりで庶民の感覚とはずれも大きいですが、立候補の4名はどのように政策を述べているのでしょうか。 新型コロナ対策や経済対策などの庶民…

【「金融緩和」効果不発=遠い物価目標】日本経済の見えぬ出口!―長短金利操作導入から5年―

OSSANです。 今日は、日本の経済復活がみえないなかで、愚痴も含め検証をしてみました。 異例の再任があった黒田日銀総裁ですが、これまでの振り返りと23年4月までの任期をどうすごすのでしょうか? 【これまで=異形の金融緩和】 【総裁選の行方によって…

 【速報】貯留機能保全へ税制支援!?盛り土制限、区域指定を国土交通省が促進。

OSSANです。 以前、 国としては、頻発・激甚化する災害の対応として、これまでのハード整備だけでは気候変動の影響には追い付かず、災害リスクの可視化やリスクからの低減・回避を目指して、建築・開発行為等の規制強化や河川・下水道整備、避難施設の整備に…

【みんな知ってる?】不動産投資で『市街化調整区域』をお勧めできない理由!とそうでないレアケース!!

OSSANでございます。 不動産投資をされている方から、よくご質問をうけるのが「市街化調整区域」にある不動産についてです。 良い物件があるけど「市街化調整区域」なんだけど。どうなの? 価額が安くて割安なのでは!? 市街化調整区域の物件は価格の安さが…